Search webside
Member LOGIN
IFKA NEWS

伝統中医学/東洋医学

伝統中医学/東洋医学

HOME > 伝統中医学/東洋医学

  • 中国には、私たちが一般的に知っている西洋医学とは全く異なる考え方をもった中国医学(中医学)というものがあります。
     中国医学とは、中国で紀元前の昔から数千年にわたって研究され発展してきた医学を体系化した、東洋医学の一種です。
    よく日本では漢方と言いますが、漢方は中国の「漢」の時代(紀元前200年~200年頃)に仏教とともに日本に伝わった中国医学が、日本で独自に発展したものです。漢方と呼ぶようになったのは江戸時代のことで、当時オランダから新たに伝来した西洋医学を「蘭方」と呼んだのに対し、従来の医学を「漢方」と呼ぶようになったのです。ですから中国医学と漢方は似て非なるものになります。

  • 『黄帝内経』は、前漢代に編纂され、『鍼経』と『素問』の合計18巻と伝えられている。その内容は散逸して一旦は失われたが、762年唐の時代に王冰の表した『素問』と『霊枢』が伝えられている。
    現代の研究では『鍼経』もしくは『九霊』は『霊枢』(9巻)のことであるとされている。
    ただしこの9巻本も散逸してしまって残っていない。現在は1155年に南宋の史崧が霊枢を新たに校訂し、24巻81篇として編纂したものが元になっている。
    『素問』が理論的であるのに対し、『霊枢』はより実践的に記述されている。『素問』の内容は医学にかぎらず、易学、天候学、星座学、気学、薬学、運命学と広くさまざまな分野に及び、医学書というより科学書と呼ぶべきであるという意見もあり、道教にとっても原典の一つとされる。
    現在、医学書とされている理由は、紀元前1世紀の図書目録である『漢書』「芸文志」に医書として分類されていることによる。
    『内経』の原本は残っておらず、さまざまな写本が存在する。日本では京都の仁和寺に、日本最古の『黄帝内経太素』の写本が所蔵されている。『太素』(たいそ)は7世紀ころの写本で、唐代の楊上善が、『素問』と『霊枢』を合わせて編纂したものである。

  • 『黄帝内経』18巻のうち、1部にあたる9巻を『鍼経』と呼び、2部の9巻を『素問』と呼ぶ。『鍼経』は経脈、経穴、刺鍼、また営衛、気血など系統的で詳細に説明されている。ここで9という数字には意味があり、古代中国において、数は1から始まり9で終わるとされていた。
    すなわち1巻には1章から9章が記述され、9章の次は2巻となる。1部は9巻×9章で81章で一まとまりとなり、『黄帝内経』は2部構成であった。『素問』は、古くは紀元前202年の前漢代の頃から編纂され始めたと考えられている。

    現存する『素問』は、762年に王冰によって編纂された。王冰はそれ以前の『素問』を大幅に変更したことがわかっており、王冰の『素問』からは古い『素問』を伺い知ることはできないと批判されている。
    『霊枢』は『素問』より新しい時代のもので、20年から200年ころ編纂された。『素問』より前に『鍼経』が編纂され、それが後に『霊枢』に引き継がれたと考えられている。「芸文志」には、『内経』(18巻)の他に『外経』(37巻)があったとの記録があるが、『外経』は現存せず、詳しいことはわかっていない。